ふらふらしてしまう原因は

耳に異常があることも

先生

めまいに悩まれている方は多く、その症状も様々です。目がぐるぐる回っている感覚がする、頭が重たい、ふわふわする、ふらついてしまうなど人によって異なります。その原因の一つとして考えられるのが、耳の鼓膜の奥にある内耳です。内耳には、身体のバランス感覚を保つ役割を果たしてくれる、三半規管、耳石、蝸牛があります。もし、この器官に異常があるとバランス感覚が乱れてしまい、めまいの症状を引き起こしてしまうのです。また、耳の聞こえが悪くなったりすることもあります。また、内耳の異常だけではなく、脳の病気であったり、ストレスなどでもめまいの症状が現れます。めまいの症状を感じたら、病院で診察を受けて早めに原因をみつけることが大切です。

どのような検査をするのか

めまいの症状が現れて、耳鼻科などに診察に行った時にはどのような検査が行われるのでしょうか。一般的には、まず問診をされます。さらに、眼の動きを確かめる眼振検査、ふらつきがないかチェックするための足踏み検査、重心動揺検査などが行われます。また、聴力に問題がないかも検査します。これらの検査の結果を元に、治療を進めていきます。耳が原因であるめまいには、良性発作性頭位めまい、メニエル病、突発性難聴、慢性中耳炎などがあります。耳の検査で異常がない場合には、ストレスなどが原因になっていることも考えられます。また、最近ではめまいの治療を専門にしている病院も多くあります。症状がなかなか改善しない場合などには、めまい専門の病院で診察を受ける方も多くいらっしゃいます。